少人数制の予備校のメリット

大学受験のための予備校には、少人数制と多人数制があります。
それぞれの特徴をとらえ、自分にあった予備校を選ぶことが大切です。
予備校選びは、受験する大学の合格・不合格に大きく影響してくるものですから、慎重に行わなければいけません。

少人数制の予備校の特徴としていくつかの点が上げられます。
まず、自分に合った授業が受けられるのが特徴です。
少人数だけあって、カリキュラムがきめ細やかに作られているし、柔軟性があるためです。
自分のレベル、ペースにしっかりあった授業を受けられます。

サポートが充実しているという特徴もあります。
少人数で授業を行うので、その分先生が生徒の個別の指導のために取れる時間が長いのです。
だから、効果が出るまでじっくりとサポートを受けられます。

具体的なサポート内容としては、授業中、わからないところについて質問しやすいです。
少人数制なので、先生との距離も近く、親密な雰囲気の中で対話しているかのように授業を受けられるので、わからない時には挙手して質問しやすいのです。
授業中、授業の後に質問できるだけではなく、予習や復習まで、しっかり見てもらえます。
勉強で一番大切なのは復習です。
授業で習ったことを身につけるためにも、復習はきちんと行わないといけません。
授業内容の理解を深める復習についても、サポートが受けられるのは嬉しいです。

さらに、人数が少ない分、欠席したり授業をまじめに聞いていないとすぐにバレるので、「怠けにくい」という特徴があります。

関連エントリー



 
Copyright © 2011 大学受験生に贈る四大予備校比較ガイド. All rights reserved