駿台と保護者

高校受験の時まではそうでもありませんが、大学受験になると、保護者はカヤの外に置かれがちです。
学校で保護者との個人面談はありますが、学校の面談では通り一遍の話しかしてもらえず、受験の詳しい内情について知ることはできません。
かといって、反抗期を迎えている子供に、あれこれ聞くのもためらわれるかと思います。
志望校には受かりそうなのか、受かる見込みはどのくらいなのか、今はどういう勉強をしているのか、聞きたくても聞けません。
そんな時に、駿台はありがたい存在です。

駿台では、保護者とのコミュニケーションを大切にしていて、保護者会や保護者面談を実施しています。
受験のプロによる保護者会、保護者面談なので、とても参考になる話を聞けます。
保護者会では最新の入試情報についてわかりやすく解説されます。
また面談では、生徒の進路や学力状況などの保護者の悩みや相談を聞いてくれます。
そして有効なアドバイスをもらえます。

基本的に、保護者会では最近の入試制度や入試情報など全般的なことを離し、保護者面談では生徒の受験に関する個人的な情報交換をするという感じです。

また、各学期末には「学期末保護者報告」が届けられます。
子供の学期ごとの成績状況、出席状況などを知ることができます。
一度外に出てしまえば、何をしているのか把握しづらいものですが、こういう機会で子供のがんばりを知ることができるのはありがたいです。
報告書には、最新の入試情報も同封されています。

関連エントリー



 
Copyright © 2011 大学受験生に贈る四大予備校比較ガイド. All rights reserved