合格できる予備校を選ぼう

大学受験のための予備校に通うなら、合格したいものです。
この場合、各予備校の合格率が参考になります。
予備校のパンフレットを見ると、大学の合格率が掲載されています。
早稲田大学○○人、中央大学○○人・・・のように、大学名の後にその予備校から出た合格者の人数が記載されています。
さらにかっこづけされて、その予備校からその大学を受験した総数が記載されていたりもします。
その中に自分の志望校の名前があって、その合格率が高いのであれば、その予備校に行く価値はあると言えます。
しかし、自分の希望する大学の合格率がいいからとはいっても、必ずしもオススメの予備校であるとは限りません。
自分のレベルに合わない志望校かもしれないからです。
大学を選んでいる時はついつい高望みしがちです。
高い志を持つのも大切ですが、実現するのが難しい志なら、それだけを見て志望校を選んでしまった場合、後になって後悔するかもしれません。
高望みして全て落ちてしまうよりも、自分にあった大学を選び、確実に合格することがメリットが大きいでしょう。

大手の大学の場合、成績上位の生徒が1人で難関校をいくつも合格していたりします。
一握りの人によって、高い合格率が形成されているのです。
特待生制度を活用し、成績のいい生徒を囲い込んで、数字を上げている予備校もあります。

少人数制の予備校は、一人ひとりの実力を講師が把握し、レベルに合った大学を勧めてくれる傾向にあります。
きめ細やかにサポートするので、高い偏差値の大学の合格率も高いです。

関連エントリー



 
Copyright © 2011 大学受験生に贈る四大予備校比較ガイド. All rights reserved